packagesを用いてソフトをインストール


FreeBSDでは、良く使われるソフトはあらかじめコンパイルした 状態で配布されている。これらのコンパイル済みのソフトウェア 群をpackages と言う。

packagesは、コマンド1発でシステムに追加・削除する事が出来る ため、メンテナンスは非常に簡単である。追加するためのコマンド としてpkg_add、削除するためのコマンドとしてpkg_delete、現在登 録されているpackages一覧を見るためのコマンドとして、pkg_info などがある。

packagesにないソフトは自分でコンパイルする必要があるが、最近の ソフトは大抵FreeBSDに対応しているので、コンパイルは簡単である。 また、対応していないソフトでも、ports コレクションという物があ り、これを利用すると"make" コマンド1発でコンパイルできる。
Copyright (C) 1996 Michio Jinbo <karl@jp.freebsd.org>
Copyright (C) Niigata Internet Society.

back Back
next Next